IMG_けっこんring

婚約指輪を選ぶ際のブランドの重要性


婚約指輪は、一生に一度だけ贈られる、大切な愛の証です。
それを選ぶ際に、何を重要視するべきでしょうか。
品質やデザイン、予算に合ったものかどうか等、気にする点は多々あると思います。
ならばその時、ブランド物かどうかは重要な問題でしょうか。
もちろん、二人が気に入った指輪なら、ブランド物であるかどうかなど、さして重要な問題ではないという方もいらっしゃるかと思います。
しかし、それは品質の一つの目安であり、安心のスタンダードでもあります。
一生に一度の大切な贈り物だからこそ、目に見える形で品質の確かな物を購入したいと、そう思われる方も多いと思います。
かくいう私も、やはりせっかくの婚約指輪は、よく知っているブランドの物がいいと思いました。
品質に信頼がおけることももちろんですが、何より優れたデザイン性のものが多いからです。
婚約指輪の人気ブランドと言えば、下記の4つに絞られるのではないでしょうか。
まずは、婚約指輪といえば一番に名前のあがる「ティファニー」。アメリカの老舗で、シンプルでありながら気品があり、若い女性に絶大な人気を誇っています。
ティファニーのプラチナの純度基準は、アメリカの公式基準となっています。
次に、「カルティエ」。
フランスの高名な老舗です。
高価な宝石やプラチナを使用した豪華な品が多く、世界中のセレブが顧客に名を連ねています。
高価格ですが品質が良く、高級感があるため、婚約指輪のような一生の記念となる物を購入される方が多いようです。
そして、国内の「4℃」。
こちらも若い世代に人気があります。


4℃は、セミオーダーやフルオーダーにも対応してくれるフレキシブルさも魅力の一つとしてあげられるかと思います。
そして最後に、イタリアの高級ファッションブランドでもある「ブルガリ」。
こちらは、もともと宝石店としてスタートしていたという経緯もあり、その品質には定評があります。
ギリシャやローマの建築様式を取り入れた、独創的なデザインが特徴です。
シンプルなのに明確な主張があり、女性のみならず男性にも高い人気を誇ります。
こうしたことを調べてゆくと、人が何を婚約指輪に求めているのか、よく見えてくると思います。
長い人生をともに歩もうと決めた、大切な相手に、その想いを形にして贈ろうとするのです。
できれば、指輪も自分たちの人生の一部と言えるほど、大切なものとして所有したいと思って当然です。
そこには夢や希望、喜びとともに、何がしかの覚悟が含まれています。
一生をともにする、というのは並大抵のことではありません。
楽しいことも苦しいことも、ともに手を取り合って乗り越えていこうという、決意がそこにはあるのです。
大切な相手に、愛を誓った証が、指輪なのですから、いい加減なものを贈りたくない、と思うのが当然でしょう。
そこで、ブランドというものが大きな意味を持ってきます。
確かな品質、デザイン性の保証があり、アフターケアも万全。
そうした安心を形にしてくれるからです。
婚約指輪に必要なのは、愛だけだ、そういう方もいらっしゃるでしょうし、そういう考え方も否定しません。
しかし、ブランドとは、ある意味、人々の夢を保証してくれる、大変重要な要素なのです。

MENU