IMG_けっこんring

婚約指輪のおかえしに選んで贈ったもの


結婚指輪は二人で交換して身に着けるものですが、婚約指輪は女性だけが結納や婚約した時に頂くものなので、一般的には何か女性側から男性へおかえしをします。
私の場合は国産メーカーの時計でした。
頂いた婚約指輪は小さなダイヤで縁取りをした赤いルビーの指輪で、30年近く前のことですが25万円ぐらいのものを一緒に選んで買ってもらいました。
時計も本人の好みを聞くほうが、あとで本当は気に入らなかったんだよといわれても困るので、一緒に見に行ってもらい、10万円ほどのものをおかえしさせて頂きました。
大手結婚サイトのリサーチでは、現在も30年前と変わらず結婚指輪のおかえしで一番多く選ばれているものはやはり時計のようです。
男性のほとんどの人はあまりアクセサリーをつけないので、身に着けるものとしては時計が一番無難な選択と言えるのでしょう。
比較的ノーマルなデザインの中から選べば、20代でも60代でも同じものを実につけることが出来るので、婚約のしるしの品物として一生身につけてもらうことが出来ます。
また、時計の裏に名前や日付などを刻み込んでもらうことなども出来ますので、記念の品にはぴったりですね。
二番目に人気があるのが、高級スーツのようです。
サラリーマンには必須アイテムですし、普段お仕事でスーツを着ない男性でも数着はもっていたいものです。
でもなかなか普段は高級スーツを自分で購入する人は少ないので、婚約指輪のおかえしにオーダースーツや有名ブランドのスーツを送ると喜ばれます。
ただ時計と違ってサイズが変わってしまうと着られなくなってしまうので、送り手としてはサイズが変わらないように頑張って欲しいものです。


時計とスーツのほかには、ライターやボールペンなど普段使うもので自分ではなかなか買わない高級なものを選ばれることが多いようです。
私は婚約指輪の時には時計を選びましたが、新婚旅行でブランドバックを買ってもらったので、ブランドのライターをかえしました。
婚約や結婚を機にしないと中々欲しくても買えないものが多いものです。
おかえしを贈るタイミングは結納と一緒に婚約指輪を頂いた時は結納返しと一緒に贈ります。
私の場合も結納をしましたので、その時に渡しました。
最近ではどうせ海外ブランドのものを購入するのならということで、海外へ新婚旅行に出かけた時に一緒に選ぶかたも増えています。
国内で購入するよりかなりお安く購入できるので、同じ予算でワンランク上のものを選んであげることが出来ます。
予算は一般的に半返しとも言われいますが、特に決まりもありませんし、そもそも婚約指輪におかえしを送らなければならないというマナーもありません。
両家が住んでいる地域の風習なども参考にして、購入するかどれぐらいの予算にするのかを決めればいいのです。
我が家は凡そ1/3返しほどにしましたし、全体的にも1/3~1/2返しぐらいの予算で購入する方が多いようです。
相手の方と相談して、特に欲しいものはないということであれば、新婚生活に必要なものを購入する際の足しにしたり、贅沢品だからやめておこうとおもった生活用品を購入するのにあてたりするのも一つの方法です。
長く使える家具などにしておくと、ずっと二人で記念の品を使うことが出来るのでよい方法といえます。

MENU